平成29年度 長野県立木曽病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 113 32 29 42 100 117 402 571 625 197
入院患者さんのうち62%は70歳以上となっています。60歳以上になると80%を占めており、高齢化率が高い地域特性が表れています。平成28年度に比べ20代と30代の患者さんが半数となっていることから、2次医療圏外へ流出をしている可能性があります。また、70歳以上の患者さんも平成28年度に比べ減少しており、すでに高齢者人口が減少し始めている木曽医療圏の特徴が当院の入院患者数にも反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 248 2.05 2.68 0.00 66.99
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 19.13 17.71 0.04 86.85
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 13.37 10.61 0.00 75.53
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 30 15.47 12.34 0.10 82.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 32.39 20.08 0.00 87.43
内視鏡的大腸ポリープ・切除術の副傷病なしの患者さんと心不全の患者さんは平成28年度と同様、当院では多い疾患となっています。平成29年度の特徴として、胆管炎に対して内視鏡的手術を行った患者さんと腎臓または尿路の感染症が大幅に増えた一方で、肺炎の患者さんは全分類において減少しており、3番目にある誤嚥性肺炎の分類患者さんも平成28年度に比べ25人減少しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 6.94 6.18 0.00 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 3.13 6.32 0.00 5.27
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 11 2.55 5.50 0.09 3.36
平成28年度はウイルス性腸炎での入院が37人、インフルエンザでの入院が13人でしたが、平成29年度ではウイルス性腸炎の入院は26人減少し、インフルエンザの入院は10件未満となり小児科の入院はその年の流行に左右された結果となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 30 8.77 5.15 0.03 71.33
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 25 3.38 4.31 0.00 66.84
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 16 4.56 4.81 0.00 70.88
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 16.63 8.98 0.00 77.25
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 12 3.17 4.31 0.00 60.83
平成28年度と同様、DPCコードの分類では鼠径ヘルニアの患者さんが最も多くなっていますが、治療別の合計では直腸癌、結腸癌に対する化学療法の患者さんがもっとも多くなっています。化学療法は複数回の入院が必要となるため同一患者さんが繰り返し入院しているので、実患者数の合計では少なくなります。また当院外科の特徴として多くの患者さんは下部消化管疾患の患者さんとなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 48 44.06 27.09 0.02 84.94
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 20 6.10 5.21 0.00 55.80
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 19 22.79 33.64 0.11 75.47
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 12 11.00 9.46 0.00 52.83
高齢者率が高い地域のため、転倒による入院が多くを占めています。大腿骨骨折により手術をする患者さんと前腕骨折により手術をする患者さんは平成28年とほぼ同人数でしたが、平成29年度は胸椎・腰椎骨折の患者さんが10人以上増えていることから、高齢による転倒から入院となる患者さんは今後、増えていくことが予想されます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 14 10.14 9.75 0.00 32.86
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 10 28.10 20.41 0.00 31.00
最も多い患者さんは平成28年度と同様に帝王切開後の妊娠や微弱陣痛の患者さんに対する帝王切開術(14名が予定、3名が緊急)を施行した患者さんとなっています。帝王切開術をした患者さんのDPC名称が「胎児および胎児附属物の異常」となっていますが、これは異常はないが、治療、手術を施行しないと異常となる可能性がある病態も含まれるため、帝王切開術も含まれて分類されているので、DPC名称だけでは患者さんの病態と必ずしも一致しないことがあります。なお、当院の産婦人科では婦人科治療も行っていますが、すべての分類は10件未満となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 200 1.95 2.85 0.00 78.00
平成28年度と同様に白内障の片眼手術の患者さんが、眼科全入院患者の約9割を占めています。平成29年度から白内障手術の日帰り入院を開始したため、当院の平均在院日数は1.95日となっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 22.21 7.34 0.07 64.21
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 36.54 16.38 0.00 72.77
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 33.90 19.10 0.00 78.80
平成29年度の特徴として、頭部打撲と外傷性急性硬膜下血腫の入院患者さんが増えました。頭部打撲と外傷性急性硬膜下血腫は分類が一緒となるため、DPCコード別の患者数では一番多い患者数となっています。若年から中年層の患者さんも入院していますが、多くは70歳以上であり、整形外科と同様に高齢による転倒が増えていることが要因と考えられます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 26 2.96 2.67 0.00 70.73
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 7.71 7.31 0.00 78.79
患者さんの多くは前立腺針生検の入院で、続いて膀胱癌に対する治療となっています。クリニカルパスを運用しており、平均在院日数は全国平均とほぼ一緒であるため、ガイドラインに沿った適切な入院管理ができています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 10 1 7
大腸癌 44 36 15 20 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸癌がもっとも多く、続いて胃癌となっています。その理由として大腸癌は当院で手術を施行しているため初発、再発ともに多くなっており、当院の特徴が表れています。平成28年度と比べ、大腸癌はStageⅡの患者さん減った一方で、StageⅢおよびⅣの患者さんは増えており、より進行してから癌の診断がされているので、検診を推進する必要があると考えます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 52 16.33 80.38
重症 38 18.66 84.63
超重症
不明
平成28年度に比べ、軽症・中等症の患者さんが減少した一方で、重症・超重症の患者さんは増加しています。また、重症度が上がるにつれ、平均在院日数と平均年齢が高くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 60 50.48 80.42 0.05
その他 16 43.50 78.31 0.00
平成28年度と同様に3日以内の入院患者さんの方が、平均在院日数が長く、平均年齢も高くなっています。データ自体も平成28年度と大きな差異はありません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 250 0.02 1.04 0.00 67.56
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 44 0.91 13.73 0.00 78.50
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 18 0.00 1.56 0.00 63.28
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の件数を平成28年度と比べると、2cm未満が70件増えた一方で、2cm以上は23件減少しています。また、平成29年度は胆管炎の入院患者さんが増えたことから、内視鏡的胆道ステント留置術の件数が13件増えています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 28 1.07 6.04 0.04 70.75
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 15 3.00 9.60 0.00 69.87
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 14 6.93 23.36 0.00 72.14
腹腔鏡下胆嚢摘出術は平成28年と比べ5件増えていますが、これは内科で胆管炎の入院患者さんが増加していることから結石性の患者さんについては胆のうを摘出したためと考えられます。ただし、他の外科手術は平成28年度と比べ減少していることから、木曽医療圏における外科患者自体が減少していることが考えられます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 47 4.02 36.83 0.00 84.47
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 20 0.55 12.90 0.00 67.90
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 15 1.00 35.93 0.00 78.93
DPCコード別で最も多い疾患であった大腿骨骨折に対する手術が一番多い手術となりました。ただし、手術手技だけを見ると平成28年度には人工骨頭挿入術が16件施行されていたものの平成29年度には10件未満となり、骨折観血的手術は逆に平成28年度と比べ16件増加していることから、同一疾患であっても高齢化が進むにつれ治療方針が変化しつつあるようです。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択式帝王切開) 14 1.93 8.21 0.00 32.86
産婦人科で10件を超える手術は選択的帝王切開手術のみでした。選択式帝王切開手術の入院日は手術前日が基本ですが、手術前管理を必要とする患者さんは早めに入院となるため、平均術前日数は1.93日となっています。術後日数は8日もしくは9日で退院となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 201 0.00 1.09 0.00 77.96
診断群分類別患者数と同様、白内障手術が眼科入院患者の大半を占め、手術件数は平成28年度と比べ25件増加しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 16 1.69 5.38 0.06 78.31
経尿道的悪性腫瘍手術以外の手術は10件未満であり、医師が1名しかいないため当院で施行する手術は限られています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
症例数は0件もしくは10件未満であったため、平成29年度についてはデータなしとなりました。
更新履歴