令和2年度 長野県立木曽 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 37 23 22 32 38 130 219 487 443 189
令和2年4月1日から令和3年3月31日までに一般病棟を退院した患者さんについて、年齢階級別(10歳ごと)に集計したものです。

当院は木曽医療圏唯一の病院として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。
令和2年度は70歳以上の患者さんの割合が70%、60歳以上になると80%以上を占めており、高齢化率が非常に高い地域特性が表れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的ポリープ・粘膜切除術 152 2.99 2.66 0.00 67.66
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 84 18.55 17.23 0.00 85.08
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 7.46 9.53 0.00 79.71
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 35 19.71 13.00 2.86 84.54
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 32 15.69 20.51 0.00 83.69
診療科別に患者数の多い疾患について、診断群分類コード別に示したものです。

内科については、診断群分類別患者における上位5位の平均年齢が80歳となっており、心不全や誤嚥性肺炎の比較的高齢者に多い疾患による入院が多くなっています。
また、小腸大腸の良性疾患による入院患者さんの多くは大腸ポリープのための入院が多く、こちらは幅広い年齢層の入院となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 23 8.26 4.86 0.00 69.35
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 19 4.37 9.42 0.00 711.32
060040xx99x8xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等28あり 18 3.00 4.24 0.00 70.83
060210xx99000x ヘルニア記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 10.06 9.08 0.00 75.38
060060xx99030x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 13 5.69 6.52 0.00 73.54
鼠径ヘルニア(15歳以上)、直腸肛門の悪性腫瘍の患者数は令和元年度から大きな変動はありません。
当院の鼠径ヘルニアの患者さんの平均在院日数は全国平均より長くなっており、期間の短縮が今後の課題です。
令和2年度はヘルニア記載のない腸閉塞、胆嚢・肝外胆管の悪性腫瘍の患者さんが外科上位5位に入っており、令和元年度と比較し、患者数が増加していることがうかがえます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 38 54.50 25.09 2.63 84.16
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし - - 18.81 - -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 - - 23.36 - -
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし - - 5.18 - -
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 - - 18.74 - -
当院では令和元年度同様、股関節・大腿骨近位の骨折による入院が最多となっており、患者数は昨年度から21名増加しています。
また、高齢者の患者さんが多く、平均在院日数は全国平均より長くなっています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 発症前RankinScale0、1又は2 13 37.77 15.54 7.69 81.31
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.18 - -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 発症前RankinScale0、1又は2 - - 15.66 - -
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病1あり 発症前RankinScale0、1又は2 - - 17.42 - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 発症前RankinScale0、1又は2 - - 15.64 - -
当院の脳神経内科は脳梗塞の患者さんが上位4位を占めています。
その大半は発症から3日目以内の入院となっており、発症後比較的早期に入院される患者さんの割合が多いことがうかがえます。
頭蓋・頭蓋内損傷については外傷性(転倒後)硬膜下血腫が多くなっています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 10 6.60 6.13 10.00 0.00
120010xx99x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 8.92 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 11.19 - -
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満)手術なし - - 21.68 - -
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 - - 2.49 - -
当院は木曽医療圏唯一の分娩機関のため、妊娠及び分娩に関する疾患の患者さんが多くなっています。
帝王切開術も行っていますが、患者数カウントの対象外症例となっているため、こちらの指標には載りません。
当院の産婦人科は婦人科治療も行っています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 12 7.50 6.13 0.00 0.00
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 5.86 - -
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2なし - - 11.19 - -
140410xx99xxxx 先天性肥厚性幽門狭窄症 手術なし - - 6.40 - -
150070x0xx01xx 川崎病(2歳以上)手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - 10.19 - -
令和2年度は低出産体重児の入院が10名以上あり、一時的な呼吸困難や新生児黄疸などに対し治療・経過観察を行っています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 24 3.00 2.54 0.00 73.50
110060xx99x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 7.95 - -
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし - - 7.13 - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - - 8.52 - -
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - - 13.00 - -
患者さんの多くは前立腺針生検の入院で、次いで腎盂・尿管の悪性腫瘍に対する治療となっています。
クリニカルパスを運用しており、平均在院日数は全国平均とほぼ一緒であるため、ガイドラインに沿った適切な入院管理ができています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 1 7,8
大腸癌 - - 11 36 - 10 1 7,8
乳癌 - 11 - - 10 - 1 8
肺癌 - - - 21 - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
令和2年度に入院した患者数について、罹患率の高い5つのがん(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)を病期(ステージ)ごとに集計を行ったものです。
当院は厚生労働大臣から地域がん診療病院の指定を受けており、質の高いがん診療の提供、がん患者さんの相談支援等の役割を担っています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 19 17.00 80.63
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
令和元年度より患者数は大幅に減っており、大半が中等症(肺炎の重症度分類が1~2点)となっています。
なお、集計対象となる分類がことなるためこの指標には誤嚥性肺炎は含まれていません。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 60 37.42 81.32 5.13
その他 18 30.78 71.50 1.28
脳梗塞の発症日別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。
診断群分類別患者数からも分かるように、発症日が3日目以内の患者さんが半数以上を占めており、発症後早期に入院し、治療を開始する患者さんが多いことがうかがえます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 153 0.99 1.12 0.00 67.50
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 1.55 5.62 0.00 75.00
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K681 胆嚢外廔造設術 - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
令和元年度と比較し、主要手術に大きな変動はありません。
内視鏡による大腸ポリープ切除術が最も多くなっていますが、令和元年度から35件の減少がありました。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア 22 1.09 4.64 0.00 68.73
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K672 胆嚢摘出術 - - - - -
K5142 肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
診断群分類別患者数と同様、鼠径ヘルニア手術が最も多くなっています。
当院の外科では消化器疾患だけでなく、乳房の手術や肺の手術など幅広い疾患の手術を行っています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 33 2.09 45.36 3.03 80.33
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 10 1.00 41.40 0.00 77.60
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他) - - - - -
令和元年度に引き続き、骨折の手術が最も多くなっています。
当院では高齢の患者さんの入院が多く、急性期の治療後は一般病棟から地域包括ケア病棟へ移動し、疾患別リハを行い、安心して自宅等へ退院できるよう各部署が連携をしてサポートを行っています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
全ての疾患について10名未満となりました。
帝王切開術は行っていますが、患者数カウントの対象外症例となっているため、こちらの指標には掲載されません。
令和2年度は帝王切開術を14件行いました。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
全ての項目で症例数が0または10未満となっています。
手術・術後の合併症は内視鏡的切除後出血、術後創部感染、DIC(播種性血管内凝固)、敗血症性ショック、人工股関節脱臼が主となっています。
手術・処置の前には、術後に起こりうる合併症について事前に説明を行い、患者さんの同意を得た上で施行しています。

※該当患者数が10名未満の場合は、個人情報保護のためハイフン(‐)で表示をしてあります。
更新履歴